スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データで見るハートキャッチプリキュアの百合事情

プリキュアシリーズの魅力の一つは、熱い友情の延長線上にある百合描写であるといっても過言ではないでしょう。ハートキャッチプリキュアを例にとって、ファンの間でどのような百合妄想がなされていったのか、データを通じて見てみましょう。pixivから取得したデータを用い、解析を行いました。詳細は、前回の記事をご覧ください。


百合イラストの抽出
イラストだけを見て、それが百合であるかどうか、コンピューターに判断させる方法はありません。そこで、イラストが百合であるかどうかを判断する基準として、ここでもイラストに付与されたタグを頼ることにしましょう。百合性を判断するタグは、大まかに分けて2種類あります。
  • カップリングタグ
  • 「百合」タグ
カップリングタグは、例えば、花咲つぼみと来海えりかがいちゃいちゃしているイラストに付与される「つぼえり」タグのことを指します。経験上、カップリングタグは、二人がいちゃいちゃしているイラストに付与されることがほとんどです。そのため、カップリングタグをイラストの百合性の指標として使うことができます。
百合タグは、そのまんまです。イラストの著者または閲覧者の、少なくとも誰か一人がー実際には殆どがーイラストに百合を感じたという証拠ですので、これもまたイラストの百合性の強い指標となるでしょう。

カップリングタグの列挙
まず最初に、カップリングタグの調査から始めます。メイン4人と百合要員3人(つぼみ、えりか、いつき、ゆり、ももか、ダーク、なおみ)と、その組み合わせを表にしたのが下記の図です。○印をつけた10通りの組み合わせについて、カップリングタグを見つけることができました。




つぼみえりかいつきゆりももかダークなおみ
つぼみ*×××
えりか**××
いつき***××
ゆり****×
ももか*****××
ダーク******×
なおみ*******




さらに、これらのカップリングと、検索に用いたタグの一覧を下記の表にまとめました。なお、×記号は単なる組み合わせの意味であり、BLのように非可換でもありません。変身前後でのニュアンスの違いはあえて無視します。また、これ以外にも百合カップルは存在します。たとえば、4話のテニス部カップルや、実在の人物で百合萌えするのは邪道かと思い悩む36話の歌手コンビ、37話でのミラージュさん達など。ですが、カップリングタグの抽出がうまくいかなかったため、これらのカップルは除外します。


カップリングタグ名
花咲つぼみ×来海えりかつぼえり、えりつぼ
花咲つぼみ×明堂院いつきつぼいつ、いつつぼ
花咲つぼみ×月影ゆりつぼゆり、ゆりつぼ
来海えりか×明堂院いつきえりいつ、いつえり
来海えりか×月影ゆりえりゆり、ゆりえり
来海えりか×来海ももかももえり
明堂院いつき×月影ゆりいつゆり、ゆりいつ
明堂院いつき×沢井なおみなおいつ、いつなお
月影ゆり×来海ももかももゆり、ゆりもも、月もも、もも月
月影ゆり×ダークプリキュア闇月、ダークはムーンライトの嫁


カップリングタグ
まずは、前回の記事と同様に、これらカップリングタグの出現数を時系列で追っていきましょう。最初に、最もメジャーな「つぼみ×えりか」「ももか×ゆり」「ダーク×ムーン」です。

htpr2_coupling1.png


まず目に入るのは、つぼえりの怒涛のスタートダッシュです。OPで本編でEDで次回予告で、そのいちゃいちゃぶりをこれでもかと見せつけてくれたカップルでしたので、非常に納得のいくデータです。しかしながら、投稿数は次第に減少します。23話のサンシャイン加入後、二人きりのシーンが少なくなってからは、最盛期の10分の1程度にまで落ち込みました。

ももゆりは、8話のベンチでのシーンや、31話の相合傘、36話の学園祭での絡みが印象的でした。物語終盤、劇中での2人の接点は全く描かれなくなります。ところが不思議なことに、投稿数は減少することなく、それどころかわずかに上昇しているようです。過去、心に影を抱えていた2人がどのような触れ合いをしていたのか、絵師たちの創作意欲をかき立てていたのではないでしょうか。

ダークとムーンライトは、13話でピークを迎えます。やはり、「私はお前のものだ!(わざとらしいうろ覚え)」が効いたのでしょう。実は、1話の死闘も妄想の種になっていたようで、10話でのダーク再登場前にも、多くのイラストが投稿されていました。このカップルのももゆりとの違いは、終盤に投稿数が減少していることです。原因は不明ですが、終盤の熾烈を極める戦いにおいて、もはや和解エンドが望めなくなっていったことも関係しているのでしょうか。


続いては、他のカップリングをグラフにしたものです。
htpr2_coupling2.png


7話のつぼいつ、26話のいつなお、48話のつぼゆりにピークが見られます。ファンならば、ああ、あのシーンかとすぐ分かると思いますので、説明は割愛します。

個人的に意外だったのは、ももえりイラストの少なさです。私は放映中、来海姉妹の関係性の変化を非常に楽しみにしていまして、37話や劇場版でのえりかの台詞は感涙ものだったのですが……。ですので、希少なももえりイラストを描いてくださる絵師様には、感謝してもしきれません。


話がそれました。この項の最後に、各カップリングタグについて、期間中の総和をとり、分布を調べてみました。

htpr2_couplingtag1.png


先ほどの時系列のグラフからも容易に想像できるように、トップ3である、「つぼみ×えりか」「ももか×ゆり」「ダーク×ムーン」の3カップリングだけで、全カップリングタグの87%を占めています。


百合タグ

百合タグを含むイラストの調査を行います。まずは前項と同様に、時系列データを作成します。百合タグが付与されたイラスト数と、比較としていずれかのカップリングタグが付与されたイラスト数の時系列での変化をグラフにしました。

htpr2_yuritag.png


終盤こそ、両者のデータはほぼ一致するものの、特に序盤では、カップリングタグを付与されたイラスト数が、百合タグを付与されたイラスト数を大きく上回っており、データに乖離が見られます。すなわち、序盤では、恋愛感情というよりは友情の範疇で仲良くしているイラストが多かったけれども、終盤ではガチなイラストが増加していったことが示唆されます。

このことを、もう少し詳しく調べましょう。そのために、各カップリングタグを付与されたイラストのうち、同時に百合タグも付与されたイラストの割合を調べました。

htpr2_yuritagganyuu.png


カップリングタグの上で最多派閥だったつぼえりの百合タグ含有率は27%であり、比較的低めに抑えられています。序盤で、カップリングタグと百合タグの数が乖離していたのは、このためです。つぼえりカップルは、ガチな百合カップルとしてではなく、非常に仲の良い友達として描かれることが多いようです。

これとは対照的に、ももゆり、闇月の百合タグ含有率は50%を越えています。つぼえりに比べると作中での絡みが少なかったためか、あるいは妄想を誘発しやすい設定のせいか、百合妄想のレベルがより高くなっているようです。

これを踏まえて、百合タグを付与されたイラスト中での、カップリングタグの分布を調べました。

htpr2_couplingtag2.png


基本的な分布は先ほどと変わりませんが、ももゆり、闇月の占める割合が相対的に増加しています。そして、トップ3のカップリングが、全体の92%を占めています。少なくともpixivのコミュニティにおいては、ハトプリの百合に関して、つぼえり、ももゆり、闇月の3カップリングが、非常に大きな人気を占めているようです。

最後に、今回取り上げたキャラの百合関係を、グラフの形式で表現しました。エッジが太いほど、そのカップリングに人気があることを示してあります。(各エッジの太さを、カップリングタグと百合タグが付与されたイラストの数の対数にしてあります。)目で見て分かる、ゆりさんのモテモテ度合いです。

htpr2_graph.png
スポンサーサイト

pixivの投稿データから振り返るハートキャッチプリキュア

アニメ「ハートキャッチプリキュア」が終わってしまいました。1年通じて、とても面白い作品でした。午後起床がデフォだった日曜日も、プリキュアのために早起きするようになりました。この素晴らしい作品を作り上げたスタッフと、この作品を通じて過去の名作に触れる機会を得た幸運に、今は感謝するのみです。さて、せっかくの機会ですので、ハトプリに関して何か記事を書いてみます。

本記事では、イラスト投稿サイトpixivに投稿されたハトプリ関連の投稿データを用いて、この1年間を振り返ってみます。

調査手法
pixivを「ハートキャッチプリキュア」で検索し、各イラストの投稿日時と、付与されているタグを取得しました。24327件のイラストに関するデータを取得しました。調査日は2011年2月13日でした。このデータを用いて、週ごとの投稿数の時系列をつくりました。さらに、そのうち特定のタグが付与されているイラスト数の調査も行いました。また、データの取得には、Mechanizeを用いました。

総論
最初に、「ハートキャッチプリキュア」タグが付与された全てのイラストについて、週ごとの投稿数を見ていきましょう。図の縦軸は、週ごとの投稿数で、横軸は、話数を示しています。たとえば、#1だったら、ハトプリ第1話放送直後の2010年2月7日9:00から、翌週2月14日8:59の間に投稿されたイラスト数を集計しています。Fは前番組フレッシュプリキュア、Sは次番組スイートプリキュアです。また、テレ朝で放送がなかった週は、xと記入してあります。

htpr1_totalposts.png

第1話の放送後の1週間で、800件近いイラストが投稿されています。第1話といえば、ムーンライトとダークプリキュアの死闘から始まり、うざかわえりか登場、可愛すぎるブロッサムの初変身と、非の打ち所のない面白さでした。まさにハートを鷲掴みされた人が多かったのでしょう。その後、投稿数は上下を繰り返しながらも、基本的には減少していきます。7月4日に放映された第21話では、投稿数が300件を切っています。第14話や第18話などを筆頭に、それぞれの話は面白いのですけれども、やはり中だるみは避けられなかったのでしょうか。ところが、第23話で、投稿数が突然1000件を越えます。第23話は、キュアサンシャインの初登場回です。次項で述べるように、この投稿数の激増は、キュアサンシャインに関するイラストによるものです。ここでの「テコ入れ」後、投稿数は週あたり400前後をキープしつづけ、第49話放送後には、放送終了を記念したイラストが多数投稿され、週間投稿数が800件近くとなっています。そして、次番組スイートプリキュアが放映中の現在も、続々とイラストが投稿されつづけています。

メインキャラ
続いては、メインキャラ4人に関するイラストの出現数を見ていきましょう。本項以降では、前項で取得したイラスト24327件を母集団として、各キャラ名のタグが付与されたイラストの数をカウントしました。以下の図は、メイン4人の変身前後のキャラ名について、出現数を調査したグラフです。

htpr1_main1.png
htpr1_main2.png


まずは、前半戦の「ふたり」、つぼみとえりかに注目しましょう。第1話こそ、つぼみに関する投稿数が、えりかに関する投稿数よりも多いのですが、その後はほぼ常にえりかのイラストの数のほうが多くなっています。完全に主人公が食われた形になっているように見えますが、えりかの可愛さの前には仕方のないことです。つぼみも負けず劣らず可愛いですけれども、途中で眼鏡を外してしまったのが悔やまれるところです。プリキュアへの変身後も、同様の傾向が見られます。しかしながら、変身前に比べると、ブロッサムとマリンの投稿数の差は僅差であるといっていいでしょう。そのため、第28話・第39話のえりか回での反響は、マリンのイラストの投稿数の増加という形で見て取ることができます。

続いては、いつき/キュアサンシャインのイラスト数を見ていきましょう。いつきは、当初サブキャラ扱いでした。初のいつき回が第7話で、ここで初めて視聴者にいつきの性別が明かされるのでした。そんなキャッチーな設定が功を奏してか、いつき回の第7話、第15話では、主役のつぼえりに匹敵するほどの数のイラストが投稿されました。そして、第23話、サンシャイン初登場回で、イラスト数が爆発的な増加を見せました。第23話だけで、サンシャインに関する700件以上のイラストが投稿されています。あの美麗な変身バンクと、痺れるほどカッコいい戦闘シーンの衝撃はこれほどのものだった、ということでしょう。当時のpixivは、まさにお祭りというに相応しく、プリキュアのイラストを検索すると、画面が真っ黄色になるというフィーバーぶりでした。

本項の最後に、ゆり/キュアムーンライトを見てみましょう。ムーンライトは、第1話でダークプリキュアに敗北した後、紆余曲折を経て第33話で劇的な復活を遂げました。第33話での投稿数の増大が、その盛り上がりを物語っており、これも一種のフィーバーでありましょう。とはいうものの、投稿数の比較では第23話のサンシャインに及びませんでした。前半のゆり回、第13話や第17話でも、投稿数はいつきのときよりも抑えられています。プリキュアシリーズ中でも類を見ない過酷な境遇に、イラストの出足が鈍ってしまったのかもしれません。とはいえ、ムーンライト加入後は、4人のイラスト数がほぼ同等となっており、極端な人気の差はありません。


サブキャラ

ハトプリの魅力的なサブキャラ陣を振り返ってみましょう。まずは、ファッション部の面々です。

htpr1_sub1.png

沢井なおみ、佐久間としこ、黒田るみこの3人は、第7話でモノにつられてファッション部に入部しました。続く第8話で、えりかとキャッキャウフフする姿があまりにも可愛かったのか、ここで最初のピークを迎えます。そして第26話で、なおみにまさかの百合展開が到来します。この展開に大歓喜した方が大勢いたようで、投稿数が伸びています。なみなみこと志久ななみは、第14話の母の日回で感動的なエピソードを演じ、このため多数のイラストが投稿されています。彼女はスタッフに愛されていたのか、最終決戦時に地球でプリキュアの帰還を待つポジションにいました。そのためか、終盤でもいくらかのイラストが投稿されつづけていました。

htpr1_sub2.png

続いては、もも姉こと来海ももかです。彼女は、えりかの姉であり、ゆりの親友という非常に美味しいポジションにあり、メインの4人ほどではありませんが安定した人気を保っています。メイン回の第8話はもとより、ゆりさんに振られちゃった第13話や、変なポーズの第19話、ゆりさんとの絡みが可愛かった第30話や第31話、いい意味で色々とアレな文化祭回の第35話や第36話などに、投稿数のピークがあります。

他のサブキャラも見てみましょう。多田かなえ、高岸あずさ、水島アヤは、それぞれの登場回にピークがあります。特に、えりかとあずさの残酷なまでの対比表現が印象的な第16話は必見です。最後に、なみなみの妹、志久るみです。第14話での登場以降、ちょくちょく登場するようになります。終盤の第39話以降での幼女需要の高まりとともに再登場の頻度が上がり、それに伴って投稿数も増えています。

他にも述べたいキャラはたくさんいますが、ひとまずここでストップします。
プロフィール

null

Author:null
二次元眼鏡少女に蔑まれたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ

考察 統計 ネット 複雑ネットワーク 自然科学 二次元 幼女 エロゲー ネタ アニメ 百合 時事ネタ 計算 igraph R 

月別アーカイブ
カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。