スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡っ子の多い都道府県を統計を使って調べてみた

私は眼鏡っ子が大好きです。二次元では言うに及ばず、リアルワールドの女の子にすら、眼鏡をかけているだけでちょっとときめいてしまいます。可愛い子がかけるとものすごおく可愛くなるし、それなりの子がかけるととても可愛くなる、魔法の可愛さ底上げアイテム、眼鏡。ステキですよね。

さて、こんな世知辛い世の中、どうせなら、眼鏡っ子がたくさん住んでいる地域に住みたいですよね。というわけで、今回は、眼鏡っ子の多い都道府県を、公開されている統計資料から推測してみることにしましょう。

方針
とはいったものの、眼鏡女子率の統計調査なんてあるはずありません。しかしながら、次の量は、眼鏡女子率の推定値を与えるはずです。すなわち、
(眼鏡女子率の概算値)=(眼の悪い女の子の割合)×(視力矯正に関わる支出のうち、眼鏡が占める割合)
まず、眼鏡をかける子は目が悪いという大前提がありますので、第1項に「眼の悪い女の子の割合」をもってくるのは妥当でしょう。伊達眼鏡?何それ。
続いて、視力矯正のために眼鏡を用いる確率が必要となります。あの忌まわしきコンタクトレンズをしている可能性を除外するためです。さすがにこんな統計はありませんので、代用品として、視力矯正に関する支出のうち、眼鏡が占める割合をもってきます。

#……この時点で、眼鏡女子率ではなく、眼鏡女子率の増加関数になっているような気がしなくもない何らかのよくわからない量を計算することになるのですが、別にいいですよね。


都道府県毎のこれらの量を、個別に調べていくことからはじめましょう。
まず、「眼の悪い女の子の割合」は、文科省の学校保健統計調査から「年齢別 都市階級別 設置者別 疾病・異常被患率等 」の表を参照します。この表に、視力が1.0未満の女子の比率が記載されています。

続いて、「視力矯正に関わる支出のうち、眼鏡が占める割合」は、統計局の家計調査を参考にします。このうち、都市階級・地方・都道府県庁所在市別(総世帯)の表に、各都道府県県庁所在地での、1世帯あたり眼鏡とコンタクトレンズの支出額が記載されています。


結果
まずは、各県ごとの、視力1.0未満の女子の比率を示しましょう。

……ちなみに、10歳女子です。これ以上年齢が上がると、データのある県の数が著しく減るので、今回の目的に合わないのです。別に10歳がジャストミートとかそういうことではありません。まあ、高校生になったら年増との格言もありますし、今回は10歳女子だけを議論します。また、神奈川・岩手はデータがありません。全データ揃ってるのだと8歳になってしまいます。8歳でも可愛いと思うんですけど、眼鏡に関してはもう少し育った方が似合う気がするので以下略

眼の悪い女子率が多い順に、北海道、秋田、青森、石川、東京となっています。目が悪いのは喜ばしいことでもないのでこのあたりは反応に困るところではありますが。
逆にワーストは、徳島、三重、岡山、熊本、鹿児島となっています。目がいいのは健康的で喜ばしいはずなのですがやはりこのサイト的には残念であります。神奈川・岩手はデータがありません。

10saisiryoku.png

続いて、視力矯正に関わる支出のうち、眼鏡が占める割合をみてみましょう。
眼鏡の支出/(眼鏡の支出+コンタクトの支出)を計算しています。
視力矯正に眼鏡を用いる場合の多い優良県のトップ5は、山梨、沖縄、愛媛、北海道、福井です。福井県には鯖江市がありますのでなんとなく眼鏡とこじつけられそうです。他の県で眼鏡の支出率が多い理由はわかりません。
続いて、視力矯正にコンタクトレンズを使う割合の多いくそったれ県トップ5は、山形、秋田、千葉、島根、福島となっています。このあたりの県民は猛省して、今すぐコンタクトレンズを投げ捨てて眼鏡を買いに走るべきです。
また、関東地方のみを抜き出すと、眼鏡支出率の多い順に、群馬、埼玉、栃木、茨城、東京、神奈川、千葉となっています。どうも、眼鏡支出率の高さと、県イメージの野暮ったさがリンクしている気がするのは気のせいでしょうか。ああ、やっぱり気のせいでした、千葉が(略

meganesishutu.png

最後に、上記の量の積です。とりあえず、この量が、各県の眼鏡女子の多さを示す指標になっているはずです。
トップ5は、北海道、沖縄、福井、山梨、奈良です。眼鏡っ子のいる日々を過ごしたいのなら、このあたりの県に移住するのが吉、と結論します。

meganeritu.png

最後に
穴だらけというか穴しかない考察でしたが、一つだけ。
眼鏡支出率は、実に筋の悪い量です。眼鏡美少女による寄与だけでなく、眼鏡のおにいさんおっさんおばさんおじいさんおばあさんまで全てひっくるめているのですから……。

今回の考察はダメダメでしたが、真面目な話、行政側が、眼鏡っ子の多い街○○のような感じでもっとプッシュすればいいのにとか思います。きっと一人や二人、つられて移住しちゃいますよ。
スポンサーサイト

Googleサジェストがフィルタリングされていることに今気づいた

タイトルのとおりです。Googleサジェストがある種の単語をフィルタリングしていることにいま気づきました。。

例えば。
ワクテカしながらこんな感じで検索ワードを打ち込むわけです。この時点で、正直、アレ?という結果なのですけれども。
googlesuggest_youjo1.png

勇んで変換キーを叩くと、あれあれ?Google先生なにやってんすか。
googlesuggest_youjo2.png


まあ、上のは確かに昨今よろしくないキーワードだったかもしれません。もう少し一般的な単語に切り替えましょう。ここまでは、まあ違和感があるけどよろしい。
googlesuggest_joshiko1.png

しかし。残念賞。
googlesuggest_joshiko2.png

表示設定でフィルタリングを切っても、だめみたいです。うーむ。とはいえ、日常生活に何の問題もないからどうでもいいといえばどうでもいいのですけれど。でも、単語の候補だけフィルタリングしても意味が無いと思うのだけれどね。
プロフィール

null

Author:null
二次元眼鏡少女に蔑まれたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ

考察 統計 ネット 複雑ネットワーク 自然科学 二次元 幼女 エロゲー ネタ アニメ 百合 時事ネタ 計算 igraph R 

月別アーカイブ
カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。